2021秋エギング #4 -離島その②-

エギング

DATE

【時間】4:45~12:30

【潮汐】中潮

【釣果】アオリイカ×7杯

 

再び離島へ

ほんの数日前まで30℃近い気温だったのに急激に下がり、一気に秋めいてきました。

そろそろ本格的な防寒着の用意もしておかないといけませんね~。


そろそろアジングに行きたいところではありますがいかんせん、良い話を聞きません。。。

もう季節的にハイシーズンに突入してもおかしくないはずなのですが。

今年はこのままダメなままなんでしょうか^^;

そういう訳で釣れるうちに釣れるものを!ということで、急に気温は下がりましたが海の中はまだ落ち着いているであろうと離島へエギングに行ってきました。


さすがに数は落ちているようでポイントによって釣果の差が激しい様子。

風も強くなってくる時期ですので前日夜にしっかりとチェックし、あらかじめ渡るポイントを絞っておきました。

いつもの沖磯からスタート

まずは前半。


風向きを考慮し毎年渡してもらっている沖磯へ。


ここはシャロー側で実績のある場所ですが向かい風となる為、まずは深い側のシモリ周辺からチェック。


数投目におさわりがあるも乗らず。


フォローでエギをシャロータイプへ変更すると

ヤマシタ(YAMASHITA) エギ エギ王 K 3S #003 ローズゴールド 598483

1杯目。


サイズもぼちぼちといったところ。


そこから扇状に探っていき

と順調にゲット。

潮も上がってき、そろそろシャロー側を狙いたいところでしたが一向に風は収まらず。


予報では日が出ると風が落ちてくる予定だったのですが。。。


なんとかシャロー側を攻めようと風が弱まるタイミングに合わせてキャストをするも思ったように反応は得られず。

ダイワ(DAIWA) エメラルダス ピーク RV 3.0号 ケイムラ-マリンブルーバード


なんとか2杯引きずりだしたところで磯替えのお時間に。

 

予想以上に風が強い・・・

磯替え。


磯替え中に他の釣果を聞いたところかなり厳しいようで0杯や1杯のみと。。。


数が減っているのとやはり風の影響をモロにくらって釣りづらいとのことでした。

とりあえず前日の時点で磯替え後に渡してもらうポイントも目途を付けていましたがおそらく風の影響が強いであろうことと、予定していたポイントへ朝に別の渡船屋が降ろしていたようでしたので同じく風がよけれるポイントへ渡してもらうことに。


渡してもらったポイントは比較的移動できるポイント。


全体的に手前にシモリが多く入っており、沖は漁師さんのかごが入っており遠投で狙うには少し厳しい様子。


ちょうど満潮から下げに入り潮も良く走っていたので流したいところでしたがブイに引っかかるであろう事が予想できたので手前側のみを重点的に探ることにしました。


シモリの奥へキャストし際を通すように狙っていくと3、4杯程出てくるもサイズはかなり小型。


餃子ぐらいかな^^?


さすがに狙えないサイズなので移動できる範囲のシモリを全て打っていくも追加は2杯のみ。

なんとか沖を狙えないかと色々試すも漁師さんのブイ+地形的に流せる範囲も限定されてしまい断念。。。


残り時間は30分程ありましたが風が収まったかわりにスズメバチが飛び回りだし気が気でないのでこの時点で終了としました。

今回、時期が進み渋い状況が増える中でシャロータイプのエギが活躍しました。

特にエギ王Kはフォール姿勢も安定していますしダートもさせやすく非常に使いやすいエギですね!

シャロー以外でも使い道はありますのでタックルに1つは忍ばせておいたほうが良いかと思います♪


ヤマシタ(YAMASHITA) エギ エギ王 K 3S #005 ムラムラチェリー 598506

 

※活動のピークは過ぎたと思いますがまだまだスズメバチが飛び交っています。この時期のスズメバチは非常に攻撃的で危険ですので十分ご注意下さい。

いざとなった時のために下記の様なアイテムで対策することをオススメします。


スズメバチサラバ 100ml 1本

 

このサイズであればポケットにも入りますので携帯性もよくオススメです!

【タックル】

ロッド:セフィアエクスチューン 810ML(シマノ)

リール:19ヴァンキッシュ 2500S(シマノ)

ライン:アップグレードX8 0.6号(ヨツアミ)

リーダー:ソルティメイト エギリーダーFC HARD 2.5号(サンライン)

エギ:エメラルダピーク 3.0号(ダイワ)

   エメラルダスピークRV 3.0号(ダイワ)

   エギ王Kシャロー 3.0号(ヤマシタ)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました