2021秋エギング #3 -地磯調査-

エギング

 

DATE

【時間】8:40~9:50

【潮汐】中潮

【釣果】アオリイカ×2杯

今回は地磯!

どこへいこうか・・・。


平日+朝マズメ終了後の時間なので大抵のポイントは空いているであろう。


そういう訳でいつものシャローポイントへ行こうかとも思いましたがやめにして今回は地磯を選択。


このポイント、春は数回通っていましたが(釣れてません^^;)秋シーズンは一度も行っておらずシャローポイントよりもプレッシャーは低く、答えが返ってくるのも早いはず。


夜勤明けで集中力もないし眠たいしとちょうど良いかなと選択しました。

ポイントへ

ポイントへ到着。


様子を伺うと入りたいポイントに先行者が1名。


ただエギングではなくショアジギのご様子。


ここ数年は青物が良くつれるようになり、ショアジギをやるアングラーさんが増えたように思います。

とりあえず少し離れた場所へ。


状況は横風が強い感じ。


ちょっとやりにくいかなぁと思いながらノットを組みなおしていなかったことを思い出しのんびり用意を開始します。


ノットを組みなおしふと顔を上げるとちょうど先行者さんが帰られる様子だったので入れ違いにそのポイントへ。


3.0号のピークからスタート。


まずはシャローに点在するシモリ周辺へ。


横っ面をかすめるようにしゃくってくるとエギの後ろに黒い影・・・

はい、1投目でサクッとゲット♪


トンカツサイズと地磯でも少しは大きくなっている感じ。


そこから徐々に沖側へ扇状にさぐっていくと3投目ほどでチェイスがあるも明らか小さなサイズ^^;


こいつは掛けずにスルーで。


沖へ払い出す潮に乗せて深場をさぐっていくも返答はなし。


イワシやサヨリ等のベイトは多くみえるのですがそれを求めて定期的にシーバスらしき魚が獲物を求めて回遊しており状況的にはきびしそうな感じ。。。

 

逆側へ


軽く場所移動をして反対の磯際へ。


斜めからの風となってしまう為、ラインメンディングに気を使いながら丁寧に探っていくと足元でいっきにラインを持っていくも乗らず。


こういうアタリって意外とかかりませんよね^^;


とりあえずいるのは確定なのでもう少しスローに丁寧にさぐると

サイズダウン。

もう少し沖側を狙いたかったのですが漁師さんの網+風が強くなりはじめた為、思ったコースを通せなくなってきた+気が抜けて眠気が・・・ってことであっさりと終了することに^^;

反応は鈍くなるでしょうけどサイズ的にはもう一潮後ぐらいの方が良さそうですね~。

次回は離島へ行くかプチ遠征をしたいと思います!


あ、そろそろアジングも行きたいなぁ・・・

 

【タックル】

ロッド:セフィアエクスチューン 810ML(シマノ)

リール:19ヴァンキッシュ 2500S(シマノ)

ライン:アップグレードX8 0.6号(ヨツアミ)

リーダー:ソルティメイト エギリーダーFC HARD 2.5号(サンライン)

エギ:エメラルダピーク 3.0号(ダイワ)

   エギ王Live 3.0号(ヤマシタ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました