瀬戸内離島エギング 2020-1

エギング

DATE

時間:4:40~11:45

潮:中潮

釣果:アオリイカ×6杯(200g~400g)

   コウイカ×4杯(300~400g)

久しぶりにエギング

今回は久しぶりのエギング釣果。


渡船で瀬戸内の離島にエギングに行ってきました。

事前情報によると2週間程前からサイズはマシになってきているが釣果は激落ち。


日によっては1~2杯の時もあるとのことで苦戦が予想されます。

前半戦!

まずはせっかくなので初場所に渡してもらいスタート。


風は体感4、5メートルといった感じ。夜明けあたりに風が落ちる予報です。

幸い降ろしてもらったのが干潮時に陸続きになる沖磯だったので風を背負うようにキャスト。


着底を待つも潮はそれほど走っていないにもかかわらず糸が止まらない。。。


あ~、これはいきなり抱いてるなぁと思いフッキングすると予想通り抱いてました。コウイカが^^;

朝一の一投目、コウイカ。幸先がいいのか悪いのか。。。


とりあえず坊主は逃れましたw

その後も同じ方向へ扇状に探っていくも反応は得られず。

風が緩み始めたので投げたかったシモリ周辺へ。

着底~2段シャクリ~ショートピッチからのフォールでイカパンチ。

サイズは思ったより小さかったけど無事アオリ捕獲♪


その後は投げられる範囲を丁寧に探って1杯+コウイカ追加したところで夜明け前のゴールデンタイム終了。


夜明けと共になんとか陸へ渡れそうになったので行ける範囲でシモリを打っていきます。

苦戦しながらもなんとか2杯+コウイカ追加したところで磯替えの時間。

掛けたイカは全てブラインド。追尾の確認は無し。予想通り渋い・・・^^;


磯替え中に聞いたところ別のお客さんも苦戦しているようで同じように4杯、5杯とのこと。


船長に聞いたところどうやらここ数日で水温が下がったようです。。。

後半戦!巻き返しはなるか!?

さて、後半戦。

残り約2時間、大きく移動して毎年上げてもらっている沖磯へ。


ここはシャローからディープまで狙えるポイントで個人的実績が高い沖磯です。

まずはシャローから。


ここで初めてチェイスが有るも見た感じかなりの小型か?


3号では抱ききらないので2.5号投入でサクッと捕獲。

うん、やっぱ小さいね・・・。かわいそうなのでリリース。

その後シャローを攻めるも反応&チェイス無し。予想以上にダメな感じ・・・

シャローを見限りブレイク狙いに。


毎年この時期になるとボトムで良形が釣れる良スポット。


着底から2段シャクリのフォールでラインがスーっと

小マシなサイズを捕獲。

しかし、いつもは数杯連発するはずが1杯のみで打ち止め。


う~ん、予定外w


広く探るも反応無し。タイムアップまで残り僅か。

エギをボトムに置いたまま考えこんでいるとラインが動き出す。


合わせを入れるも最初にジェット噴射した後は重いだけw


そうです、ヤツです。コウイカです^^;

ここで気持ちが折れたので仕舞にしました。

想定していたとはいえ苦戦に消化不良。

今シーズンあと1回は渡りたいなぁ・・・

【タックル】

ロッド:エメラルダス ストイスト 80LM-SMT(ダイワ)

リール:18イグジスト FC LT2500-C(ダイワ)

ライン:アップグレードX8 0.6号(ヨツアミ

リーダー:ソルティメイト エギリーダーFC HARD 2.5号(サンライン)

エギ:Draw4 3.0号(カルティバ)

  プロスペック 3.0号(カンジインターナショナル)

  エギ王Live 2.5号、3.0号(ヤマシタ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました